Top >  プチ整形読本 >  東京へ この国へ リハの風を!―初台リハビリテーション病院からの発信

東京へ この国へ リハの風を!―初台リハビリテーション病院からの発信

東京へ この国へ リハの風を!―初台リハビリテーション病院からの発信
土本 亜理子
東京へ この国へ リハの風を!―初台リハビリテーション病院からの発信
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 19234位
おすすめ度:
発売日: 2005-10
発売元: シービーアール
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
東京へ この国へ リハの風を!―初台リハビリテーション病院からの発信の詳細を見る

東京へ この国へ リハの風を!―初台リハビリテーション病院からの発信は評判にたがわぬ良書のようです。
まだお読みでないようでしたら是非にもお薦めします。

体系立てて書かれる文章は親しみやすく、頭で考えなくても自然に理解できる自分を感じることが出来ます。
意外と思うかもしれませんが、こういう本って少ないんですよ。

読後は是非東京へ この国へ リハの風を!―初台リハビリテーション病院からの発信の世界の余韻に浸ってください。
私など「○○が××して」など・・・妄想しきりでした。

私だけでなく多くの読者も東京へ この国へ リハの風を!―初台リハビリテーション病院からの発信の世界観には魅力を隠せないようですね。
ハッキリとお薦めです。ご一読あそばせ!

リハビリ医療の概念の激変がつたわってきます
従来、リハビリは、病棟から患者をリハビリ室に移動させて、セラピストが行なうもので、病棟では、看護、介護のスタッフに留意点が伝達されるという形式であった。今後は、セラピストも病棟のスタッフの一員となり、患者をチームとして治療していく仕組みである回復期リハビリテーション病棟が、リハビリ医療の中心となっていく。リハビリ専門医だけではなく、臨床医のリハビリへの理解、参加が求められるようになってきている状況がよくわかった。「リハビリ医療の切捨て」と受けとめられている今回の診療報酬改訂だが、リハビリが、ますます重要になっていることを本書は指摘している。厚生労働省のお役人には、リハビリはきちんと重視していると明確なメッセージを臨床の現場に発信することを望みたいものだ。

治癒しなくても、障害があっても生きていける社会を
まず強調したいのは、この本は初台リハビリテーション病院と石川誠医師の自慢話ではありません。医療(特にリハビリテーション医療)従事者の方、敬遠せずに読んでみましょう。得るものはたくさんあるはずです。
第1章は著者がリハビリテーションに関心を持った理由に始まり、脳外科医の石川医師がリハビリテーションの世界に入りそしてその風雲児となっていく過程が語られます。
第2章は脳出血を発病した浅野正美さんの入院から退院までの記録です。この2つの章でかなり充足感がありました。
第3章は石川医師らによる講演や講習の採録で大学の講義のようでちょっと退屈しました。
第4章は気になっていた浅野さんの退院後の生活から在宅生活でのリハビリテーションに対する石川医師らの取り組みが紹介されます。各事業所のリーダーシップをとっている医師・看護師の声が説得力があります。この著者らしい言葉も散見されます。210ページ’病気を発症し、予期せぬ障害を持ち、元通りの体にならないことで、リハへの依存度が高くなり、その結果「リハビリジプシー」になってしまっている人もいる’、212ページ’地域に訪問リハなどリハサービスの不足を感じていた私は、「始め」の部分がないことにだけ注目していたが、「終わり」もまた大切なのだと、あらためて知った’ここら辺を読者の方も是非わかって欲しい。
第5章、228ページからの石川医師・談「治癒しなくても、障害があっても生きていける社会を」に集約されます。これが本全体の主題でもあると思います。

東京へ この国へ リハの風を!―初台リハビリテーション病院からの発信の詳細を見る

 <  前の記事 節々やお肌の悩みに!ムコ多糖類がたっぷり代引き手数料無料のお得な2個セット【10周年セール】...  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/2738

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「プチ整形の知りたいこと・・・関連読本&特定保健用食品(トクホ)」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。